RAGE 2019 Spring

2019年3月17日(日)

【イベントレポート】RAGE 2019 Spring

2019年3月17日(日)、『RAGE 2019 Spring』を幕張メッセにて開催いたしました。平成最後の『RAGE』ということもあり、熱心なゲームファンが集まり、会場はひとつの節目にふさわしい盛り上がりを見せていました。

『RAGE』は年間を通して様々なジャンルのゲーム大会を開催する日本最大級のeスポーツイベント。11回目となる今大会では大人気スマホeスポーツShadowverseの予選大会を勝ち上がり、6,000名の中からファイナリストとなった8名が『RAGE Shadowverse 2019 Spring GRAND FINALS』の王座と「Shadowverse World Grand Prix 2019」への出場権をかけて競いました。

また、豪華ゲストチームが多数参加をしたPUBG MOBILEのオフライン大会『RAGE PUBG MOBILE INVITATIONAL CHALLENGE』、ブロスタの3人チームでの1Dayオフライン大会『RAGE ブロスタ リアルエメラルドハント』、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの公式リーグ『スマッシュボール杯 スマブラSP 西日本リーグ 3rdラウンド』の公開生中継、アイテムありルールの1Day大会『RAGE スマブラSP チャレンジカップ』など注目の4タイトルでの大会と、サイドイベントが開催されました。

会場ではゲームの大会以外にも、恒例の豪華景品が当たるスタンプラリー、Shadowverseコラボレーションパッケージのキットカット抽選会や、ゲームで疲れた目にやさしいめぐりズムのサンプル品の無料配布なども行われました。人気のRAGEオフィシャルグッズの物販コーナーでは『PUBG × RAGEオリジナルグッズ』が新商品としてラインナップ。飲食エリアではPIZZA-LAがRAGE限定セットなどを販売し、食事をしながらヒゲドライバーの華麗なDJライブを楽しむファンの姿も見られました。

会場のフォトブースも大人気で、Shadowverseに登場するキャラクターやコスプレイヤーとの撮影会に加え、PUBGのゲーム内に登場する車、装備品を使ったコスプレ記念写真コーナーも賑わいを見せていました。

今回初のブロスタの大会が開催されたこともあり、中学生から20代前半といった若い世代のファンの姿も多く見受けられ、eスポーツがさらに幅広い層に認知されてきたと実感しました。

【Shadowverse】優勝賞金400万円と世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019」の出場権は誰の手に!?

予選大会を勝ち抜きファイナリストとしてGRAND FINALSのステージに立ったのは、NISE、Esuna、Qwert | jupi、ゼロ、GTT|たばた、じょうじ、RTE|World、ヌウ/Axisの8名。

決勝戦に駒を進めたのはQwert | jupi選手、GTT|たばた選手。Qwert | jupi選手は今大会で環境の中心になっているビショップを使用しない構成で挑む。対するGTT|たばた選手は前評判で優勝候補とされる実力者。初戦はQwert | jupi選手がビショップに有利なネメシスを使用しGTT|たばた選手にリードしたものの、その後GTT|たばた選手はQwert | jupi選手のロイヤル、ドラゴンに対して有利なマッチアップをキープし、平成最後の王座に輝きました。

勝利者インタビューでは「対戦中に集中力が途切れる瞬間があり自分のメンタルの弱さを痛感しました。次回ファイナリストになれるのであればそれまでにメンタルを鍛えておきたい」と次の大会に向けての意気込みを語ってくれました。

また、会場には、横浜F・マリノス所属のあぐのむさんや、名古屋OJAベビースターのあるじさんも応援に駆け、「RAGEシャドウバースプロリーグ」に参戦が決定した、読売巨人軍ブランドのeスポーツチーム「G×G」(ジー・バイ・ジー)のメンバー、フォレストさん、ちゃみさん、Riowhさん、リグゼさんも、ステージに登場し4月からの新シーズンへの意欲を見せました。

大会中には木村唯人プロデューサーから、新弾の第12弾カードパック「鋼鉄の反逆者(リベリオン)」の新カード「セイント・コア」と「欠落の聖女・リモニウム」の情報も公開されました。

Shadowverseサイドイベントとして開催された『アンリミテッド大会』にも非常に多くの参加者が集まりました。優勝者には「次回 RAGE Shadowverse Day2シード権」が進呈されるということもあり、白熱した試合が繰り広げられました。

【PUBG MOBILE】人気チームが多数参戦!究極のサバイバル16チームの頂点に輝いたのは!?

招待制大型オフライン大会『RAGE PUBG MOBILE INVITATIONAL CHALLENGE』。全16チーム(4人1組)が出場し、全4試合の生存順位、キル数の総合的なポイントで順位を争いました。

特に注目されたのはGACKT率いるスペシャルゲストチームTeam Gackt。GACKT自身もチームリーダー兼選手として大会に参加。

第1試合

Vikendi。山岳部から様子を伺い周辺に車両が少ないと判断をしたSCARZ BLACKは、序盤から積極的に中央部分に向けて進軍。そのまま圧倒的な強さで勝利を収める形に。

第2試合

高所を押さえ有利な状況をキープしていたSCARZ BLACKとJUPITERの2チームだったが、後半の安全地帯を読み違えたことでVigoreが有利な状況を作り出しチャンスを逃さなかったVigoreが勝利。

第3試合

序盤の混戦、屋内戦を有利に進めたDeToNatorと、チームメイトを2名失って満身創痍のAll Rejection Gamingの4v2の戦い。数的不利があったものの、先に安全地帯を押さえたAll Rejection Gamingが逆転勝利。

第4試合

最終戦となった第4試合では、チームリーダーのGACKTが出会いがしらの混戦時に怒涛の3連続キルを披露し、会場は大きな歓声に包まれました。

Good Gamingに安全地帯を抑えられたことで、他チームが山岳を利用して南から迂回するルートを取り混戦状態に。数的不利だったAll Rejection Gamingが後方から狙撃できる状況が生まれギリギリの逆転劇でドン勝!

4試合のトータルで、39キル、63ポイントと2位以下と10ポイント以上のスコア差をつけて見事に優勝を勝ち取ったのはAll Rejection Gaming。

全試合で共通していた立ち回りとして、序盤から後半戦を意識し、リスクを取りながらも積極的にマップの中心を目指していたチームが、結果的に良い成績を残していたことも印象的な大会となりました。

第1位「All Rejection Gaming」
第2位「Vigore」
第3位「SCARZ BLACK」

サイドイベントとしては、来場したPUBG MOBILEのファンが4人1組のスクアッドを組み、オンライン対戦に参加する『PUBG MOBILE ドン勝チャレンジ!』が開催。ドン勝ゲットで『RAGE オリジナル ドン勝Tシャツ』をプレゼントということで、手に汗握るサバイバルマッチが繰り広げられました。

【ブロスタ】若年層に大人気のブロスタ、国内初のオフラインイベントで輝いた新世代のスターたち!

11回目を迎えた『RAGE』でも、特に若年層の参加者で賑わった『RAGE ブロスタ リアルエメラルドハント』

当日受付 & 無料で3人1チームで誰でも参加可能。各ブロック最大30チームの8ブロック、累計720名が勝者の栄光と豪華賞品をかけて競い合いました。

決勝トーナメントではyamadaさん、ぼんじゅうるさん、小玉梨々華さん(わーすた)のゲストチームも参戦。新しい時代のプレイヤーたちに負けない熱い戦いをみせてくれました。ルールは2戦先取で勝利になるBest of 3。エメラルドハント、賞金稼ぎ、ブロストライカー、強奪、制圧の中から対戦モードを選択します。

決勝トーナメントで特に目立ったのは処樹田「バンダナ」に所属する世界ランカーでもある赤兎馬選手の総合的な立ち回り。赤兎馬選手は水の都チームに対して、得意キャラのひとつモーティスをチョイス。 マッチアップとしては不利な構成になってしまったものの、序盤から果敢に敵陣の奥に入り込むことで水の都チームの立ち回りを制限して初戦を勝利。続く2戦目では水の都チームにモーティスを意識させつつも、赤兎馬選手本命キャラクター、パムをチョイスしガラリとチーム構成を変え、2勝目を収めました。

あどみらーず vs 処樹田「バンダナ」による決勝戦ではブロストライカーでの試合が選ばれました。処樹田「バンダナ」は終始あどみらーずの陣営内にボールを押し込んでいたものの、確実に決められるチャンスを待つ丁寧な試合運びを展開し1勝目を獲得。2試合目も前線を押し込み終始有利な状況の処樹田「バンダナ」でしたが、時間ギリギリであどみらーずにカウンターのチャンスが訪れます。しかし惜しくもタイムアップ!処樹田「バンダナ」が初代チャンピオンチームに輝きました。

『RAGE ブロスタ バトルロイヤルチャレンジ Supported by SHARP』では、SHARPの「AQUOS zero」を使用し、最大10名によるバトルロイヤルモードでの試合を実施。スマホ端末やブロスタアカウントを持っていない方でも当日誰でも気軽に参加ができるイベントで普段はプレイできないキャラクターを試して頂くことも可能な大会で下。勝者には会場内で使用できる500円の割引券と、ブロスタのステッカーが進呈されました。

【大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL】新ルールで求められた戦略性と対応力!見どころ満載のスマブラSPサバイバルリーグ!

『スマッシュボール杯 スマブラSP 西日本リーグ 3rdラウンド』。6名の選手からスタートしたこのリーグは、毎回1名が脱落するサバイバルレース形式。すでに1stラウンド、2ndラウンドで1名ずつが脱落。

生き残った、ザクレイ、akasa、たかじい、kept、の4選手が参戦するこの3rdラウンドではFINALラウンドへの3枚の切符をかけて熱い火花を散らしました。

今回は、全バトルを通してに誰かが使用したファイターは使えなくなる、「全員バトル」を用いたルールということもあり、ファイター選びの戦略と対応力が求められるラウンドでした。

2ndラウンドを全勝で通過し、優勝候補ともいわれるザクレイ選手が、初戦から3試合全勝で堂々の1位通過。続いてakasa選手が2枚目の切符を手にしました。

残る枠は1名。たかじい選手とkept選手どちらも最後の最後まで決して諦めない見事な戦いを繰り広げます。両選手残り1ストック、あと一撃で撃墜可能という状況でkept選手のマリオのジャンプ後ろ攻撃がたかじい選手のカムイにヒットし撃墜!kept選手が最後の枠を勝ち取りFINALラウンドへの駒を進めました。

同会場にて行われていたアイテムありの1Day大会『RAGE スマブラSP チャレンジカップ』では、成績上位選手は西日本リーグ第2期参加候補選手としてスカウトされるということもあり、腕に自信のある多くの参加者たちが激戦を繰り広げました。決勝戦の8名の中には有名選手達の姿もあり、白熱した試合展開に。

決勝戦ではAIR選手のファルコンvsこんぶ選手のクロムが激突!

AIR選手のファルコンに対してリーチで有利なこんぶ選手のクロムは序盤有利な展開。対するAIR選手はリーチを機動力でカバーする形でアイテムを上手く使い、立ち回りで有利を広げていきます。2試合共にアイテムをうまく使いチャンピオンに輝いたのはAIR選手!
試合前に「とにかく楽しい試合を見せたい」と語っていたAIR選手のファルコンの姿は会場を大きく沸かせていました。

平成最後のRAGEとして大盛況のうちに幕を閉じた『RAGE 2019 Spring』。次回RAGE Shadowverse 2019 Summerは2019年5月4日(土)から予選大会が開催されます。

最新情報は『RAGE』公式HP、公式Twitter(@esports_RAGE)をチェックしてください!次回もお楽しみに。

すべての記事を見る