NEWS最新情報
RAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」大会事後レポート!
2020年09月02日


 
国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営する株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日は、同イベント初の国際大会として「RAGE ASIA 2020」を2020年8月29日(土)・30日(日)の計2日間にわたり開催いたしました。
 
無観客および配信で行われた本大会のMCは、2日間ともゲーム好き芸人としても知られているお笑いコンビの霜降り明星の二人と、テレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが務め、ゲストとしてDAY1の29日はFUJIWARAの藤本敏史、DAY2の30日は「Apex Legends」のファンという劇団EXILEの佐藤寛太ら豪華キャストが登場しました。
 
DAY1では『普段あまり荒野を行動することは無い』等とボケ続けるFUJIWARA藤本とその都度鋭いツッコミを入れる霜降り明星・粗品の掛け合いで終始笑いの絶えないスタジオになりました。
 
DAY2は、試合前に実際にプレイした霜降り明星・せいやは『(これまで見る専門だったけど)マジで本当にやろうかな。気持ち良いな』と感動し、佐藤寛太の1日8時間プレイすることもあるという彼だからこそ理解できる説得力のあるコメントでスタジオトークに本格感の彩を添えるなど、二日間に渡り「RAGE」史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」を盛り上げました。
 
国内では見ることのできないハイレベルな試合が展開され、お互いの火力を魅せつけるエンタテイメント性の高い、まさに国際大会の名にふさわしい大会となりました。
 
DAY1の「荒野行動-Knives Out-」では、その白熱した接戦を日本から参戦したチーム「αD Vogel」(あるふぁでぃ ほーげる)が制し、DAY2の「Apex Legends」では、キル数もポイントに加算されるという今大会のルールだからこそ実現した好戦的な戦闘を韓国から参戦したチーム「T1」(ティーワン)が制し、両チームとも見事王者に輝きました。
 
オンライン形式で開催した「RAGE ASIA 2020」はOPENREC.tv、YouTube,ABEMAで生配信され、総視聴数は2日間で約170万超えを記録しました。
 
また本イベントにてeスポーツ専用VR施設「V-RAGE」が本ローンチされ、RAGE ASIA 2020と連動し、先進的なeスポーツ観戦環境を提供しました。「V-RAGE」では両日とも人気Vtuberの電脳少女シロがMCを務め、スタジアム内アバターの拍手や声援に対して『すごーい』と、「V-RAGE」ならではのアクションに大興奮の様子でした。
DAY1の8月29日のゲストにはアイドル部所属のヤマトイオリと、ゲーム実況系Vtuberで特に荒野行動の女子で人気上昇中の東雲はるがゲスト出演し、DAY2の8月30日には2018年のRAGE Vtuber大会でも優勝しているVtuber渋谷ハルと同じくApexガチ勢ことVtuber白雪レイドがゲスト出演しました。
当日は開場と同時に多くのユーザーが来場するなど国際大会にふさわしいに盛り上がりを見せ、2日間で2万人を超えるお客様にアクセスを頂きました。
 
そして、DAY1の大会スポンサーには「Google Play」が就任し、本大会を盛り上げる企画として、参加選手やチームのデータを見ながらリアルタイムで勝利チームを予想できる「Google Play 勝敗予想キャンペーン」を実施。
荒野行動ゲーム内アイテム「金券」12,000金券相当のGoogle Play Points9,000ポイントや豪華賞品が獲得できるとのことで多くのユーザーが参加しました。DAY2の大会スポンサーには「レノボ・ジャパン合同会社」が就任し、ゲーミングPC「Legion(レギオン)」を提供。
さらにLenovo JapanのTwitterアカウント(@LenovoJP_DO)にて「RAGE ASIA協賛キャンペーン」を開催し、試合中に「#Legion」をつけて好きなチームや選手を応援すると抽選で豪華Legion製品が当たるキャンペーンが行われました。
 

■DAY1「RAGE ASIA 2020荒野行動-Knives Out-」
 
アジアの国と地域から、人気と実力を兼ね備えたトップクラスのチームが招待され、日本からは10チーム、中国から8チーム、台湾と香港から1チームずつ参戦しました。
 
【全20チーム紹介】
 

 
■国内チーム
αD Aves:あるふぁでぃーあべす
【FG】Mantis:まんてぃす
Ak:えーけー
芝刈り機:しばかりき
Core:こあ
Flora:ふろーら
αD Vogel:あるふぁでぃ ほーげる
丸丸:まるまる
Xeno:ぜの
祝祭✿:しゅくさい
 
■国外チーム
谜·M:みー
Mbs:えむびーえす
90000:きゅうまん
送葬·M:そうそう
Jss:じぇーえすえす
OG:おーじー
悦奕:いぅえいー
Dd:でぃーでぃー
BM大家庭2:びーえむふぁみりーつー
歼灭机:せんめつき
 
【第1試合】
 

 
ステージ:激戦野原
相手を発見するなり仕掛ける海外勢は序盤から好戦的な展開となり、開幕初動から激しい撃ち合いが展開され早くも4チームが脱落しました。この急な展開に「V-RAGE」会場も一気に沸き、Vtuberの叫び声がスタジアム内に響き渡っていました。
息をもつかぬ急展開で早々に脱落チームが相次ぐ中、日本勢の期待は「芝刈り機」「αD Vogel」に注がれる。コメンテーターのおちゃ氏もため息をつくほどの番狂わせを制したのは、最後に怒涛の巻き返しを見せた「芝刈り機」となりました。
そのすさまじい試合模様と同様にスタジオも興奮状態になり、荒野行動ビギナーのFUJIWARA藤本も興奮さながらに『映画を見ているみたい!オレもやりたい!』とコメントするなど、出演者達がゲームの展開に合わせて大声でリアクションをしてました。
 
なお、この時点で、
「【FG】Mantis」にの選手がキル数6で個人キルポイント1位。
優勝予想投票率は36%の「Core」がダントツ1位。
 
【荒野レーシング対決】
 

 
試合の間に今年の5月に追加された新レジャーモード「荒野レーシング」を使った視聴者とのレース対決を実施しました。スペシャルゲストとして、テオくんとYouTuber昼下がりのジャマイカさんが参戦し、同ゲスト2名と視聴者の中から選ばれた6名の計8人で対戦を行い、先に2周した人の勝利となります。
 
第1レース:勝者 テオくん
事前予想にて7割以上の前評判どおり、ガチ対決と宣言したテオくんが安定した走行で
勝利しました。
 
第2レース:勝者 藤本しか勝たん(Google Play Gamer)
前回同様テオくんは余裕を見せていましたが、なんと圧倒的なスピードで勝利したのはまさかの
展開で、藤本しか勝たんさん(Google Play Gamer)となりました。
 
【第2試合】
 
ステージ:東京決戦
各チーム様子を見合う形となり、1試合目とは打って変わって静かな立ち上がりを見せるも、「丸丸」がマップを制圧するような立ち回りをみせ躍動しました。「V-RAGE」の会場内も眩いばかりのサイリウムで埋め尽くされ、この試合の盛り上がりを象徴していました。
終盤に「αD Aves」と「丸丸」の一騎打ちとなり、Vtuber達も大声を上げる程の展開を制したのは「αD Aves」。
この時点で「αD Aves」がポイント首位に躍り出し、個人キルポイント、個人キルランキングでも同チームのαDべてぃ選手が首位となりました。
しかし、どのチームまだまだ逆転可能な混戦状態が続く展開となりました。
 
【荒野レーシング対決】
 

 
第1試合:勝者 ミラクル(Google Play Gamer)
練習はしてないと余裕を見せるテオくんは、序盤からミラクルさん(Google Play Gamer)にリードを許し
そのままレース終了。テオくんに対し、「詰めが甘い」とFUJIWARA藤本が放つ場面もありました。
 
第2試合:勝者 藤本最強選手(Google Play Gamer)
圧倒的なスピードで記録的なタイムを出して藤本最強さん(Google Play Gamer)が圧勝。コントローラーのせいにした
テオ選手に対して、即座にFUJIWARA藤本の容赦ない突っ込みが入るなど、コントさながらの笑
いに包まれたレースとなりました。
 
【第3試合】
 

 
スタートと同時に本来持っている存在感を「【FG】Mantis」が魅せつければ、「Flora」が最的確な制圧、虎視眈々とキルを狙う「丸丸」、「αD Aves」と「Ak」がやりあう等、最終戦にふさわしいスーパープレー連発の内容に、スタジオ内はコメンテーターのおちゃ氏をはじめ、皆一様に『凄い!』を連発。
そんな見どころが満載の試合を制したのは、終始優位な位置取りをしていた「αD Vogel」となりました。
 
選手個人での優勝経験はある「αD Vogel」ですが、チーム戦では見事初優勝となりました。
 
「αD Vogel」コメント
『ありがとうございます!2年間やっていて初のタイトルだったのでとてもうれしいです。アジアの選手と戦えて楽しかったです。撃ち合いが強い選手が多い中、1戦目2戦目と稼いでいて最終戦で勝てたのが良かったです。賞金はいつもチームを支えてくれるリーダーや代表に何かしてあげたいです』
 
【エンディング】
ハイレベルな高いの連続に、思わず FUJIWARA藤本から『もうみんな1位でええやん』と提案が出ると、すかさず粗品から『いや大会やねん。みんな3時間4時間やってるんですから』と鋭いツッコミが入り終始笑いの絶えない大会となった。
 
【DAY1「V-RAGE」の様子】
 

 
煌びやかで美しい演出に、『演出すご』等のユーザーコメントが多数寄せられていました。
またBEAMSがデザインしたオフィシャルTシャツを着用したアバターで一色となり、ユーザー全体の一体感を感じる空間が広がりました。
物販では、実際にアバターと同じデザインのTシャツをECサイトで買うことを楽しめる機能が追加されました。
MCの電脳少女シロは、スタジアム内アバターの拍手や声援に対して『すごーい』と、「V-RAGE」ならではのアクションに大興奮の様子で、「V-RAGE」会場を盛り上げていました。
 
 
■DAY2「RAGE ASIA 2020 Apex Legends」
 
DAY1と同様、アジアの国と地域から人気と実力を兼ね備えたトップクラスのチームが招待され、
日本からは10チーム、韓国から5チーム、中国から5チームが参戦しました。
 
【全20チーム紹介】
 

 
■日本
・DeToNator(デトネーター):レイア、アレル、ムカイ

・SCARZ White(スカーズ ホワイト):レジェッタ、オトギ、スティール

・SCARZ Black(スカーズ ブラック):レオン、アルカリイオン、エフチャン

・JUPITER VEGA(ジュピター ベガ):ジゲン、タツ、スデタキ

・JUPITER XENA(ジュピター ゼナ):アキト、サク、リンリン

・SunSister GOD(サンシスター ゴッド):ショウマル、ヒカルフレンチ、ユキペディア

・SunSister NoltilL(サンシスター ノルティル):モリス、レスタビア、ミッシー

・野良連合(のられんごう):パンタシア、ショウ、キリノ

・Gaming Team SELECTOR(ゲームングチーム セレクター):レイリー、アバドン、アルパン

・Crest Gaming(クレストゲーミング):ナオト、ユキオ、ヘシコ
 
■韓国
・T1(ティーワン)カロンプ、パッカ、オブリー

・Crazy Raccoon(クレイジーラクーン)ラス、モンド、CPT(シーピーティー)

・The Start(ザスタート)スミン、ソヌ、ヒガク

・Hibrid Eclipse Arise(ハイブリッド イクリプス アライズ)ジャグ、カルマ、アーニー

・OP.GG SPORTS(オーピー ジージー スポーツ)ジョンヒ、ドグマ、ミンソン
 
■中国
・Invictus Gaming Thunder(インビクタス ゲーミング サンダー)ユウシュウ、シューチー、ジャジャジュイン

・Invictus Gaming LIghtning(インビクタス ゲーミング ライトニング)カシャ、ジャムーレン、フェイジュー、

・TeamDreamFire(ドリームファイヤー)シャオカイ、チャチャ、サンミンジー

・April(エイプリル)ウーモウモウ、ウェンシュエン、ウーユィン

・For The Dream(フォーザドリーム)スーダ、オンリーワンケー、シャオユ
 

 
試合前、各国の注目チームとスタジオを映像中継でつないでインタビューも行われました。
日本勢:本大会屈指の強豪「DeToNator」は『結果よりも内容にこだわり更なる進化を求めたい』と志を語り、「JUPITER XENA」のリーダーsaku選手は『底力を見せつける』と意気込みました。さらにメンバー全員高校生プロゲーマーという二足のわらじで参戦した「Crest Gaming」は『もう優勝しか考えてない』と気を吐いていました。
韓国:日本でも絶大な人気を誇る親日家「Crazy Raccoon」の絶対的エース・ラス選手はその温厚な見た目とは裏腹に強気に優勝を宣言。
またモンド選手からの『日本のお笑い王者に自分を笑わせて欲しい』とのオーダーに対し、霜降り明星・せいやが韓国語でギャグを披露し見事同選手の笑いを取るなど、緊張の中にも笑いのあるインタビューとなりました。
中国:中国最強との呼び声も高いチーム「Invictus Gaming Thunder」の大黒柱・ジャジャジュインは『困難な戦いになる』と覚悟を語り、今大会のダークホース「April」は結成2ヶ月ながら健闘を誓いました。
 
【第1試合】
 
DAY1の荒野行動とは打って変わり、むやみな戦いを避けるといった静かな立ち上がりとなった第1試合。
eスポーツ超大国の韓国3チームが存在感を見せつけ、三つ巴の状態になりました。
アーマーも武器もない状態で戦うなどハイレベルな闘いとなりましたが、紙一重で初戦を制したのは「T1」。
試合後の勝利インタビューで、カンロプ選手は『攻める姿勢が良かった。国際大会だが緊張はなくとても楽しめた』と振り返りました。
この時点で同カンロプ選手がキル数9で個人キルポイント1位となりました。
 
【第2試合】
 
前の試合を制した「T1」が早くも二人落ちという番狂わせからはじまった第2試合。
序盤「SCARZ White」はいい動きを見せ、中盤「野良連合」が存在感を見せつけるも、「Crazy Raccoon」を圧倒したメンバー全員が高校生の「Crest Gaming」が一気に有利な状況からそのまま勝利をものにしました。
しかしこの時点で総合順位は、チャンピオンにならずとも堅調なキル数を見せている「SCARZ White」が1位。総合キル数では「SCARZ White」レジェッタが首位。ちなみに同チームのスティール選手が2位、4位がオトギ選手という屈指のオフェンス力を証明する結果となりました。
 
【第3試合】
 
ライン際でキルをするという韓国勢のスタイルが多く見受けられた試合となりました。
終盤にまたもや「Crest Gaming」が残るが、eスポーツ超大国と言われる韓国チームの底力をみせた「T1」の前に敗れました。
この時点で総合順位が「T1」と「SCARZ White」が同ポイント1位という順位となりました。
総合キル数では「T1」のカロンプ選手が再び総合1位に返り咲きましたが、続く2~4位を「SCARZ White」の選手が独占するという結果となり、ここでも同チームのオフェンス力が顕著に現れました。
 

 
【第4試合】
 
優勝候補の一角「SCARZ White」が早々に脱落するという、バトルロイヤルというゲームだからこそ起こる番狂わせな展開からはじまった後半戦。ここまで控えめな印象だった中国勢が存在感を見せ「Invictus Gaming Lightning」が終盤まで残るも、最期は「SCARZ Black」がチャンピオンとなり、優勝候補に名乗りを上げてきました。
この時点の総合順位で「T1」がまたまた返り咲きました。総合キル数でもカロンプ選手が首位をキープする結果となりました。
 
【第5試合】
 

 
開戦と同時に「T1」と「SCARZ White」が戦い合うという最終戦にふさわしいスタートとなりました。韓国勢同士の一騎打ちや、「Crest Gaming」をはじめ各チームとも前に出てキル数を稼ぐという崖っぷち状態の動きを見せる中、「SCARZ White」と「SCARZ Black」の同門対決を制した「SCARZ Black」が見事勝利しました。
最終的な総合順位では、韓国の「T1」が見事1位に輝きました!
韓国eスポーツ界の名門であり、世界屈指の攻撃力ともいわれる「T1」チーム。
本大会の「1キル1ポイントのキルポイントを加算」というルールも有利に働いた結果となりました。
 
優勝チーム「T1」コメント
『ありがとうございます。優勝できてとてもうれしく、すごくいい気持ちです。賞金の25万円は両親のために使いたいと思います。遅くまで見ていただいてファンの皆さまありがとうございました』
また、カロンプ選手は個人最多キルも総合1位となりました。
 
【エンディング】
霜降り明星せいやも『オレもせい1になる』と「T1」のプレイに感化されて意気込む程に興奮してました。佐藤寛太は『「Crest Gaming」という気になるチームが出来たので、ユキオを中心にこれからも応援していきたいと思います』と日本勢の未来にも期待を寄せていました。
 
【DAY2「V-RAGE」の様子】
Vtuber白雪レイドは『国際大会は一進一退の闘いも見ものでエキサイティングな時間を楽しめました』ととても楽しそうにしていました。ユーザーからも『こんなのが無料で見られるなんていい時代だわ』等の本コンテンツの新しい価値を楽しんでおり、またユーザー間で『お疲れ様』や『誰推しですか?』など頻繁に会話が行われるなど、これからの時代を感じさせる新しいコミュニケーションの場となり、一体感に包まれた空間となりました。
 
■「RAGE ASIA 2020」概要
大会名:「RAGE ASIA 2020」
ゲームタイトル:「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」(エレクトロニック・アーツ)
         PlayStation 4、Xbox One、Origin(PC)にて配信中

        「荒野行動-Knives Out-」(NetEase Games)
         iOS/Android対応

主催:株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日
日程:8/29(土)、30(日)
開催方式:無観客オンライン形式での開催
配信方法:OPENREC.tv、YouTube、ABEMA

 
■RAGE ASIA 2020の大会の模様は、9月11日(金)に地上波で放送!
大会前のミニ番組・事前特番でもMCを務めた山里亮太(南海キャンディーズ)を再びMCに迎え、アジア最高峰の戦いの模様を熱くお伝えします。
放送終了後は「ABEMA」、「TVer」他で見逃し配信を実施。こちらでは、熱い戦いを何度でもご覧いただけます。
【番組名】 「日本vs世界!! eスポーツ頂上決戦 RAGE ASIA 2020」
【放送日時】 9/11(金)26:50~28:00
【放送局】 テレビ朝日(関東地区)

 
■RAGE史上最大規模の国際大会「RAGE ASIA 2020」とは
 「RAGE ASIA 2020」は、アジア圏の有名チームやトップ選手をはじめとした、実力のある選手を招待し、“アジア最高峰の戦い”を繰り広げる、RAGE史上最大規模の国際大会です。採用タイトルはグローバルで人気のバトルロイヤルゲーム「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」と、爆発的な人気を誇るスマホ向けTPSバトルロイヤルゲーム「荒野行動-Knives Out-」の2タイトルとなっています。国内外のeスポーツファンが見たくなるような、「RAGE ASIA 2020」でしか見ることができない「真剣勝負」を日本から発信し、世界中のeスポーツファンに自宅から楽しんでいただけるよう、オンライン観戦の環境を充実させていきたいと考えております。
  
 今大会は、会場に選手やお客様を集めて行う形式ではなく、「完全オンライン形式」とし、日本及び海外のチームや選手には自宅などからオンライン上で試合に臨んで頂きます。視聴者の皆さまには、OPENREC.tvをはじめとする様々な配信プラットフォームから生中継でご観戦いただけます。
 また、3月15日(日)にβ版リリースをしました「V-RAGE」のアップデート版が本大会でも体験いただけるようになっており、アバターや服装を選択ができるようになります。また、「グループビューイング機能」を使用し、専用のグループルームに入室することで、仲間や友人同士でボイスチャットができるなど、バーチャル空間でのeスポーツ観戦が更にお楽しみいただける予定です。
 
■100人が無人島で最後の1人の生き残りをかけたバトルロイヤル「荒野行動-Knives Out-」
 中国の大手ゲーム企業「NetEase Games」が開発/運営する『荒野行動-Knives Out-』は、2017年にリリースされてから現在まで、全世界で3億人のユーザー数を持つ大人気バトルロイヤルゲームです。約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで戦闘が繰り広げられます。ネットさえ繋がれば、いつでもどこでも、仲間と一緒に遊べます。
https://www.knivesout.jp/
 
■フロンティア中の戦士が富と名声を懸けて戦う「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」
 熾烈な侵略戦が展開する『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』は、強力なアビリティを操る伝説の戦士が結集してフロンティアの辺境で富と名声を懸けて戦う、基本プレイ無料のバトルロイヤルシューティング。次々と登場する個性豊かなレジェンドを操り、戦術性が高く奥深い部隊プレイを楽しめるタイトルです。
https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends
※このトーナメントは、エレクトロニック・アーツの提携および出資を受けたものではありません。
 
■オンライン実施について
 RAGE運営事務局では今般の国内における新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑みて、2020年3月20日(金・祝)付で日本政府から発表されました要請、および大会参加者 皆様の健康・安全を最優先に、本大会の開催方法については、「オンラインでの実施」を予定しております。
 
なお、今後の追加情報に関しては、順次RAGE公式Twitterや公式サイトにて発信する予定です。
RAGE公式Twitter:https://twitter.com/esports_RAGE
RAGE公式サイト:https://rage-esports.jp/