NEWS最新情報
国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」、東京eスポーツフェスタに企画運営で参加。〜小池百合子東京都知事が「太鼓の達人」で「霜降り明星」と対決〜
2020年01月22日

「RAGE」が企画運営を担う「東京eスポーツフェスタ」(主催:東京eスポーツフェスタ実行委員会)が、2020年1月11日(土)、12日(日)の2日間に東京ビッグサイトで開催されました。

 

 

オープニングセレモニーでは、ゲーム好きのお笑い芸人「霜降り明星」のお二人がMCとして参加し、実行委員会、名誉委員長を務める小池百合子東京都知事が挨拶しました。「eスポーツは、世界中で湧き上がっている。新しい産業にもなっており、ブースには様々なeスポーツ関連の業界の方々に参加いただいている。ビジネスチャンスを見つけていただきたい。」と、eスポーツについて語りました。

さらにセレモニーでは、小池都知事と「霜降り明星」せいやさんが、㈱バンダイナムコエンターテインメントの「太鼓の達人 Nintendo Switch ば〜じょん!」で対戦し、せいやさんは「忖度なしでやります」と宣言通り勝利をおさめました。

 

 

セレモニー終了後に小池都知事は、会場内を視察し、2020年春からスタートが予定されている新通信システム「5G」などを紹介するエリアでVRバトミントンや本イベントの大会種目の一つである「モンスターストライク」を体験しました。

 

 

本イベントでは人気ゲームタイトル「太鼓の達人Nintendo Switchば〜じょん」、「パズドラ」、「モンスターストライク」、「ポケモンGO」などの大会が行われ、各タイトルにおいてハイレベルな戦いが続けられ、観客席からは多くの声援が聞こえました。

11日には、メインステージで「eスポーツってなんだろう?」「eスポーツにおけるダイバーシティの可能性」といった2つのテーマでトークセッションが行われました。前者は、東京都eスポーツ連合の筧誠一郎氏、タレントの十束おとは氏、プロゲーマーのももち氏、ゲームキャスターの岸大河氏が「eスポーツ」という言葉を知っていても具体的にはわからない人に向けててeスポーツとはどのようなものか、その魅力などを紹介しました。後者は、国立八雲病院の作業療法士の田中栄一氏らが登壇し性別や年齢、障害の有無に関わらず、競い合える面をとらえ、eスポーツのもつ産業としての可能性を紹介しました。

●モンスターストライク
本大会では、4人1チームで、指定されたステージを対戦相手よりも早くクリアすることで勝利となる形式で開催。各試合ギリギリの戦いが繰り広げられるなか、「Sonrisa」チームが優勝しました。「メンバーと、応援してくれた方々のおかげだと思っています」と、涙を堪えながらコメントしました。

 

 

 

●最年少プロ選手誕生!「東京eスポーツフェスタ presents パズドラチャレンジカップ2020」
今大会の優勝者は、「パズドラ」のプロライセンスの認定権利を獲得できるということで、参加者は13人目のプロになることを目指して熱い戦いを繰り広げました。その中、僅差で勝利した海斗☆選手
が中学生ながら優勝し、プロライセンスの権利を獲得しました。

 

 

 

●太鼓の達人 Nintendo Switch ば〜じょん!小学生 ドンカツ王決定戦!決勝大会
11日に実施したフェスタの優勝者(「たっつん!」選手)と、全国各地で開催された予選と当日予選通過者を含めた全18人の小学生が技の精度を競い合った。18人は3グループに分かれ、各グループの優勝者には株式会社JTBより、ホノルル フェスティバルのエキシビジョンマッチへの参加権が与えられました。出場者はみんなミスが少なく僅かなリズムの差が勝敗につながるハイレベルな戦いが繰り広げられました。結果的に、なーつつ選手、ようた選手、ぶんちゃん選手が各グループで優勝し、勝者の一人、なーつつ選手は「言葉に言い表せないくらい嬉しいです」とコメントしました。

 

 

 

●屋外型eスポーツ!「ポケモンGO」ゲット&バトルトーナメント
位置情報を活用して、現実世界そのものを舞台とし、ポケモンを捕まえるリアルワールドゲーム。予選では会場周辺に出現する指定のポケモンをいかに早くゲットするかを競い合い、決勝トーナメントでは予選で捕まえたポケモンを使いバトルします。決勝戦はMrYUFUIN選手とMasanari34選手が対戦しました。一進一退のバトルで、観客からは戦い方に驚きと歓声が沸き上がる熱戦になりました。その中、Masanari34選手が優勝しました。Masanari34選手は「めちゃくちゃうれしいです」とコメントを残しました。

 

 

●最先端テクノロジーからeスポーツ体験まで!会場内にはコンテンツが盛りだくさん
・競技エリア
「モンスターストライク」の競技体験エリアでは、世代問わず対戦が繰り広げられており、勝負が終わった後は情報交換などを楽しげに行っている姿が見受けられました。

・学びエリア
5Gを中心とした展示や体験が行われており、VRでのバトミントン体験や、「ぷよぷよ」の対戦ををAI技術を使ってこれまでにない観戦スタイルを提案する「CLIP-LIVE」には、多くの人が集まり賑わいを見せていました。

・展示エリア
スマートフォンのアクセサリーや、プレイヤーの疲労を回復するためのマッサージブース、eスポーツを専門に学ぶことができる学校の案内ブースなど、eスポーツに関わる様々なジャンルの出展がありました。

協賛出展したSHARPの展示ブースでは最新ゲーム系フラッグシップの「AQUOS zero2」が体験でき、「モンスターストライク」を多くの来場者に楽しんでいただきました。

・体験エリア
事前予約なし、誰でも手ぶらで参加できるeスポーツ体験コーナーでは、競技種目の3タイトルに加え、「ぷよぷよeスポーツ」「eFoootballウイニングイレブン2020」「beatmania IIDX」のほか、『ポケモン GO』と「どうぶつタワーバトル」の4人フライト式トーナメントを行いました。

さらに、会場には北海道グルメやフランスドック、クレープなどの飲食ブースや、託児スペースなどを設置し、幅広い世代で参加しやすいイベントになりました。

 

 

●クロージングセレモニー
クロージングセレモニーでは、各タイトルの優勝者へ多羅尾光陸東京都副知事から、都知事杯が贈られ、「RAGE」が企画運営として参加し初開催となった東京eスポーツフェスタの幕が閉じました。

 

 

 

●「東京eスポーツフェスタ」開催概要
日時:2020年1月11日(土)、12日(日)10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 南1ホール(江東区有明 3−11−1)
主 催:東京eスポーツフェスタ実行委員会[東京都/(一社)日本eスポーツ連合/
(一社)コンピュータエンターテインメント協会/(一社)日本オンラインゲーム協会/
(株)東京ビッグサイト]
企画運営 RAGE
公式HP https://esportsfesta.tokyo
・協賛企業
シャープ(株)、(株)アイ・オー・データ機器、(株)プリンストン、サクラインターナショナル(株)、大日本印刷(株)、トレンドマイクロ(株)
・技術協力
NTT東日本
・eスポーツ関連産業展示会出展一覧
(株)ヘカテ、(株)サードウェーブ、G-STAR Gaming、クラーク記念国際高等学校 秋葉原ITキャンパス、(株)リズ、IXPASS、(株)MSソリューションズ、esports銀座school、(株)よむネコ/(株)gumi X studio、(株)アスク、ユニファースト(株)、(株)フェローズ、MAKIスポーツ、ダイナコムウェア/DynaFont、リコノミカル(株)/(株)ユメシステム、(株)コミズマ、(株)リオエンターテイメントデザイン、(株)ヒラツカ・リース、(株)アスカ、NURO光 (株)Mais、aifie(株)/バフ★スター、(一社)健康情報連携機構、コーユーイノテックス(株)、SteelSeries、(株)エヌエスイー、あけび2元動作の学校、(株)工芸社、MARKSMAN、eコンバット交陣(響尤)、(株)サンクレスト、eスポーツコミュニケーションズ合同会社、ルネサンス高校グループeスポーツコース

 

●「東京eスポーツフェスタ」について
「東京eスポーツフェスタ」は、東京eスポーツフェスタ実行委員会がeスポーツの普及と関連産業の振興を目的として開催するイベントです。eスポーツの競技大会や体験企画の実施などにより、その魅力を広く発信するとともに、都内に集積するeスポーツ関連産業の優れた製品やサービスをPRする場となるものです。